宮城県白石市しろいし社協-支えあう まちづくり-

お電話はこちらから※受付時間は平日8:30~17:15

事務局・介護事業0224-22-5210

生活総合相談0224-22-2130

文字の大きさ

新型コロナウイルス感染症の影響による減収等で生活費にお困りの方へ(申請期間延長等)

ホーム » 重要なお知らせ » 新型コロナウイルス感染症の影響による減収等で生活費にお困りの方へ(申請期間延長等)

緊急小口資金等の特例貸付の申請期間の延長等

新型コロナウイルスの感染症の影響による休業や失業等により、一時的または継続的に収入が減少した世帯を対象に、緊急小口資金および総合支援資金(初回・再貸付)の特例貸付を実施しています。

前回のお知らせから次の変更点があります。

申請期間の延長

  • 緊急小口資金および総合支援資金(初回貸付)の特例貸付は、令和3年11月末までとしていた申請期間が令和4年3月末まで延長となります。
  • 総合支援資金(再貸付)の特例貸付は、令和3年11月末までとしていた申請期間が令和3年12月末まで延長になり、同月末を以て終了となります。
  • 総合支援資金(再貸付)の申請期間終了後の令和4年1月以降は、緊急小口資金および総合支援資金(初回貸付)を借り終えた一定の困窮世帯も、要件を満たす場合には新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の対象となります。

返済開始時期の延長

緊急小口資金および総合支援資金の特例貸付のうち、令和4年3月末までに償還時期が到来する予定の貸付は、据置期間が令和4年12月末まで延長されます。

緊急小口資金等の特例貸付の概要

申込受付日

令和2年3月25日から令和4年3月末日まで

特例貸付の内容

(1) 福祉費(緊急小口資金)
  • 対象世帯
    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯
  • 貸付上限額
    20万円以内
  • 据置期間
    1年以内(ただし、令和4年3月末までに償還時期が到来する予定の貸付は、据置期間を令和4年12月末まで延長)
  • 償還期限
    2年以内
(2) 総合支援資金(生活支援費)
  • 対象世帯
    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
  • 貸付上限
    世帯員が2人以上の場合:月20万円以内
    単身世帯:月15万円以内
  • 貸付期間
    原則3月以内
  • 据置期間
    1年以内(ただし、令和4年3月末までに償還時期が到来する予定の貸付は、据置期間を令和4年12月末まで延長)
  • 償還期限
    10年以内

貸付利子 

無利子

保証人

不要

貸付方法 

原則として借入申込者が指定する金融機関口座への振込となります。

緊急小口資金及び総合支援資金(初回・再貸付)等の詳細は、宮城県社会福祉協議会ホームページをご覧ください。

リーフレット
新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、生活資金でお悩みの皆様へ、一時的な資金の緊急貸付に関するご案内[PDFファイル/474KB]

ご相談・申込窓口

白石市社会福祉協議会(白石市総合福祉センター内)電話0224-22-2130

その他

本会にご相談の際は、マスクを着用し、手指消毒等にご協力ください。
なお、発熱や咳等の症状がある方のご相談は、感染予防のためお断りしています。

お電話はこちら