宮城県白石市しろいし社協-支えあう まちづくり-

お電話はこちらから※受付時間は平日8:30~17:15

事務局・介護事業0224-22-5210

生活総合相談0224-22-2130

文字の大きさ

連携福祉団体

ホーム » しろいし社協を知る » 連携福祉団体

各種福祉団体との連携

地域福祉活動推進のため、次の団体と連携・協調するとともに、事務局業務の委託を受けて地域の福祉課題解決を支援しています。

白石市民生委員児童委員協議会

民生委員児童委員とは?

民生委員児童委員は、市民の皆さんの立場に立って相談に応じて必要な助言を行い、社会福祉の増進に努める方々で、各種福祉サービスを受けることができるように、関係機関への「橋渡し役」を務めています。

また、地域の子どもたちを見守り、子育ての不安や妊娠中の心配ごとなどの相談・支援を行う児童委員も兼ねています。

民生委員児童委員のほか、特に子どもたちや子育ての相談などを専門にする「主任児童委員」が配置されています。

民生委員児童委員、主任児童委員は、ともに市内8地区(※)の地区民生委員児童委員協議会に所属して活動をしており、一人一人担当する地区が決まっています。

※市内8地区:白石地区、越河地区、斎川地区、大平地区、大鷹沢地区、白川地区、福岡地区、小原地区

民生委員児童委員の活動

民生委員児童委員は、市民の立場に立って困ったことや心配ごとの相談をお受けします。
お住まいの地区の民生委員児童委員にお気軽にご相談ください。
相談内容とあなたのプライバシーは守られます。

主な活動内容
  • 高齢者世帯への訪問、声がけ、安否確認
  • いじめ、不登校相談や児童が健やかに育つ環境への協力
  • 防災・減災に備える地域福祉活動への参加
活動写真
民生委員児童委員の集合写真
「民生委員・児童委員の日」一斉活動出発式の様子

担当地区別の民生委員児童委員、主任児童委員

※柳町地区担当民生委員児童委員のうち1名、斎川1区・2区・3区の一部、斎川7-1区・7-2区・8区の民生委員児童委員は、現在欠員となっています。(令和3年12月1日時点)

白石市母子寡婦福祉会

白石市母子寡婦福祉会は、母子家庭・寡婦家庭の生活向上に努めており、会員交流研修会やボランティアなどさまざまな事業を行っています。

母子寡婦福祉会総会の様子
母子寡婦福祉会総会の様子

白石市共同募金委員会

地域福祉推進のために、宮城県共同募金会と連携して赤い羽根共同募金や地域歳末たすけあい募金などの活動を行っています。

詳しくは、共同募金事業への協力をご覧ください。

助成団体

障がい者(児)福祉、母子寡婦福祉および更生保護など次の8つの福祉団体および白石市自治会連合会に助成金を交付し、活動を支援しています。

  • 白石市障害児育成会
  • 白石市手をつなぐ育成会
  • 白石市身体障害者福祉協会
  • 白石市母子寡婦福祉会
  • 白石地区保護司会
  • 白石刈田地区更生保護女性会
  • 白石市遺族会
  • 白石市民生委員児童委員協議会
  • 白石市自治会連合会

この他、共同募金の配分金を活用して次の福祉団体の活動を支援しています。

  • 白石市手をつなぐ育成会本人本部「ちゃれんじど」
  • かめっこくらぶ
  • 白石晴風会
  • 白石腎臓病患者友の会

お電話はこちら