宮城県白石市しろいし社協-支えあう まちづくり-

お電話はこちらから※受付時間は平日8:30~17:15

事務局・介護事業0224-22-5210

生活総合相談0224-22-2130

文字の大きさ

福祉体験学習

ホーム » 協力・応援/福祉学習 » 福祉体験学習

白石市内の学校を対象に、福祉への関心を高め、身近なものとして感じてもらうための取り組みへの支援を行っています。
この取り組みにより、高齢者や障がいのある方と接したり、地域にはさまざまな立場の方が住んでいることを学び、共に支え合って暮らしていく地域づくりの大切さの習得を目指しています。

福祉体験学習

担当職員が白石市内の小学校・中学校で実施する福祉学習を訪問したり、学校の要望に合わせた福祉体験の実施を支援しています。
また、白石市内や宮城県内外で活動しているさまざまな団体とともに学校へ訪問し、講話や体験学習を行うことで、児童・生徒たちへの福祉に対する意識を育てる取り組みをサポートしています。

社協で行っている福祉体験の一例

車イス体験

車イスの操作や介助の仕方を体験します。

白杖体験

目の不自由な方が使う「白杖」を使い、目かくしをして歩行体験をします。

高齢者疑似体験

疑似体験セット(手足サポーター、ゴーグルなど)を装着して日常の動作を体験します。

福祉体験学習推進事業助成金

白石市内の小学校・中学校が実施する福祉体験学習への助成金交付により福祉学習を支援しています。
この助成金は、皆様から寄せられた「赤い羽根共同募金」の一部を使用しています。

夏休み福祉体験学習

白石市内の中学生・高校生を対象に、障がいのある方々とのふれあいや、障がい者スポーツ体験などを通して、社会福祉・障害福祉への関心を高め、未来の地域福祉を担う人材の育成を図っています。

お電話はこちら