宮城県白石市しろいし社協-支えあう まちづくり-

お電話はこちらから※受付時間は平日8:30~17:15

事務局・介護事業0224-22-5210

生活総合相談0224-22-2130

文字の大きさ

新型コロナウイルス感染防止の対応

ホーム » 重要なお知らせ » 新型コロナウイルス感染防止の対応

事業別の主な対応状況

新型コロナウイルスによる感染拡大を受けて、白石市社会福祉協議会では主に次のとおり対応しておりますのでお知らせいたします。

生活費でお悩みの皆さまへ

緊急小口資金等の特例貸付の相談・借入申込の受付を実施しております。
詳しくは「新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業のため、生活資金でお悩みの方へ」をご覧ください。

生きがいデイサービス(ほっとくらぶ・スパ)

ご利用にあたってのお願い

  1. 自宅を出る前に検温し、発熱がある場合や体調が悪い場合は、事業に参加せず自宅で静養してください。
  2. 正しくマスクを着用し、こまめに「うがい・手洗い・手指消毒」を行ってください。
  3. 昼食、水分補給、入浴などでマスクを外す場合は会話をしないようにお願いいたします。
  4. 食品の持込はご遠慮ください。
  5. 窓を開けて部屋の換気を行っていますので、衣服でも多少の暑さ・寒さの調整ができるようにご協力願います。
  6. 事業は、感染防止に十分配慮したうえで実施していきますが、参加はご本人の判断による自由参加とします。ただし、バス送迎の都合上、欠席の際は活動援助員までご連絡をお願いいたします。

介護保険サービス(居宅介護支援・訪問介護)

身体介護、生活援助などサービスの種類にかかわらず、ヘルパーが訪問した時は利用者様ご本人の体温を検温させていただき、発熱が認められる場合には適切な相談または医療機関等の受診をしていただくようにご説明しております。

福祉作業所やまぶき園

施設利用者の方に、通所・退所、休憩および昼食時などでの手洗い・消毒をお願いするとともに、一定の間隔を空けて作業を行っていただいております。また、施設利用者の方に風邪の症状や倦怠感がある場合は、ご家庭でお過ごしいただくようご協力をいただいております。加えて、作業所は定期的な換気を行い、テーブル・床の消毒などを行っております。

高齢者等地域ささえ愛互助活動支援事業

家事支援サービス、移動支援サービスの際に、利用会員・協力会員の皆さんに手洗い消毒をしていただいております。移動支援用福祉車両は、車両使用のたびにアルコール消毒しております。

しろいし社協事務局および職員共通事項

総合福祉センター内の社会福祉協議会窓口は、カウンターに透明のパネルを設置しております。
また、職員はマスクを着用して対応させていただいております。
ご迷惑をお掛けしますが、ご理解・ご協力くださるようお願いいたします。

皆様もご自身・ご家族の体調に十分ご注意いただきながら、ご近所同士の助け合い・支え合いの気持ちを忘れずに、この困難な状況を乗り切っていきましょう。

お電話はこちら